建築家渡辺武彦の覚書き


by architect-tw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中秋の名月

 昨日(9月8日)は「お月見」でした。帰途、白玉粉を買い、ススキを探しながら鈴が峰の山腹まで車を走らせました。昔は山に行き、桔梗や女郎花、萩等も加えたものでしたが、現在この場所ではススキを探すのが精一杯です。それでもこうした季節の節目には、出来る限りの事をしたくなるのは、昔からの風習を大切に思う日本人の心があるからでしょうか。 043.gif  渡辺巴

b0096638_16072690.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-09-09 16:04

山荘訪問

 友人Yさんが改修工事を依頼された廿日市津田にある別荘を見学に行きました。広大な敷地と手入れのゆき届いた山庭は、清々しく株立ちの桜の大樹は、その時期の素晴らしさを予想させるものでした。以前は前面に広がる広くて高いデッキから川の流れが見えたとのことですが、今は茂りすぎた樹木がすべてを覆い隠してしまったようです。残念‥‥002.gif
どうやら私は、山荘よりもその景色にひきつけられたようです。  ー渡辺巴ー
b0096638_14522339.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-09-09 14:49

母の面影

 我が家にやってきた母のミシン‥‥。母がなくなって28年の月日が流れ、昨年このミシンを大切に使ってくれた義姉が急死して後、私のところへやってきました。大学時代、被服学科だったこともあり、このミシンにはとても世話になりました。ハワイにいた父の姉が、戦前か戦後に送ってくれたもので、私の物心ついた頃にはいつも家の中にありました。足踏み式で、今も故障することなく動き、甥の了承を得て私のもとにきました。器用で几帳面だった母が、下着までミシンで縫ってくれていたものでした。立ち姿もスマートで美しく、我が家に大切なものが又ひとつ増えました。     ー渡辺巴ー
b0096638_16551187.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-09-09 13:48

3年ぶりの同窓会

 8月24日3年毎に行われている同窓会の日です。今年は、私達幹事役の中でも、ひとりは入院中の病院から外出許可を得て出席、会長が手術後のリハビリ入院中で欠席という状況の中で行われました。それでも前回より出席者が多く、賑やかで楽しい同窓会でした。その後旧廿日市の町中に場所を移し、カラオケには、半数もの人達が出席し、大盛況でした。地元の公立中学へ行ったお蔭です。それにしてもこの齢になると、改めて健康であることの有難さを痛感した一日でした。  渡辺 巴
b0096638_9443041.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-08-27 14:16

新しい現場

 今年は仕事の依頼が重なり、嬉しい年になる予定でした。ところがこちらの落ち度は皆無なのにもかかわらず、今までに経験しなかったようなひどい結果が2例も重なり、ストレスで体調まで崩してしまいました。このところ人の心が理解出来ず、悲しい思いをすることが続きました。                             そんな中、今回 小学校時代の友人と2年前に数十年を経て再会したのがきっかけで、住宅の相談を受けました。宮島の西対岸にある閑静な団地に建つその住宅は、数十年の間に増改築を繰り返し、外壁の傷みもひどく耐震補強も考えなければならず、増築された地階玄関、玄関ホールのひどい湿気対策も大問題で、かなりの予算がかかりそう。以前の持ち主が設計されたらしく内部特に居間部分の空間が気に入って購入を決めたとのことで、私達も初めてみた時になるほどと納得しました。数枚の図面があったので、ほっとしたのですが、それが甘かったと気付いたのは、資料を持ち帰ってすぐのことでした。構造図、断面図、設備図等の大切な図面がなく、配管経路もわからないのに加え、現物と図面が違っていて、寸法も信用出来ず、見積りを出すための図面作成も最終的には、表面を除いて構造をみないとわからないまま、何とか現状建物の図面と2~3例の計画案を作成しました。「購入を後悔している」と言われていた施主さんが「購入して良かった」と喜んでいただけるように9月の着工に向けてスタートです。 渡辺 巴
b0096638_1143724.jpg

b0096638_11443679.jpg

b0096638_1151275.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-08-20 11:44

新しいH.P完成

 平成26年4月9日の「XPのサポート終了」との昨年の報道から10か月余り、今日まで数々の苦労を経て新しいパソコンにも慣れ、今日(H26/6 /13)何とか新しいH.Pを公開することが出来た。随分昔にデザインしたギフトショップ「コスモス」のポスターカラーで描いた絵も湿気による汚れが目立ち、パソコンで描き直した。過ぎ去る時の速さを痛感しながら‥‥。        渡辺 巴
b0096638_1762556.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-06-13 17:06
b0096638_1125211.jpg

 設計依頼から10ヶ月余り、現場は順調に進み、予想以上の出来上がりです。来月上旬の完成に向け、仕上げの段階に入りました。







  
[PR]
# by architect-tw | 2014-02-07 11:01

明けましておめでとう

 あっという間に一年が過ぎ去ったような‥時の流れの速さに驚く。昨年後半は、身近な人達の不幸が相次ぎ、人の命のはかなさを痛感しました。今年こそ良い年になりますように‥。       渡辺 巴
b0096638_17375951.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2014-01-05 17:39

1013年も残りわずか

b0096638_15242079.jpg
今年は、私達にとって大変な年となりました。身近で大切な人を二人も亡くし、自身も節目の年として、忘れることの出来ない年になりました。仕事においては、昔からの知り合いの方から「ぜひ渡邉さんに設計を」という注文住宅の依頼があり、嬉しかったのですが、モデルハウスや建売住宅の盛況に反し、設計にこだわる人はほんのわずかなようです。それでも「春日野の家」の上棟をすませ、今年は外壁のモルタル仕上までとなりました。来年の竣工が楽しみです。 072.gif  渡辺 巴
[PR]
# by architect-tw | 2013-12-27 15:02

湯来の里

 日曜日(11/24)午後、先日の約束通り湯来町葛原(つづらはら)在住の、牛を育てる夢を実践し、今では十数頭に増やした牛の世話を、定年退職された御主人と共にやっている知り合い(通称:Y子ちゃん)の家を訪ねました。昔 子供達を連れて何度も行きかいした懐かしい道を久し振りに通り、山間の村に到着。彼女の若い娘さん夫婦の家の相談を受けて現地に来たのです。両親の家の近くにある古い民家ですが、そのたたずまいは、荒れ果てているものの、周辺の景色にとても調和していて出来るなら、新築工事よりも改修工事をしたい気持になりました。又 牛舎もみせてもらいました。三十年以上もの長い年月が彼女(Y子ちゃん)を苦労と共に、強く逞しくしたのだろう‥と、昔の彼女を知っている私達には、感無量のひと時でした。   056.gif渡辺巴  
b0096638_1123882.jpg

  
b0096638_11233691.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-11-28 11:24
 3連休の最後の14日、久し振りに妹と私達3人で、山口県の角島に出かけました。朝から雲ひとつない良いお天気と、妹の「行こう?」の一言に誘われ、出発です。海の中を一直線につなぐ橋を渡り、島を一巡してきました。       魚のあら炊きの量の多さにびっくりしたり、釣り人の様子を見たりと秋の一日を楽しんできました。         渡辺巴 058.gif
b0096638_15171697.jpg

b0096638_15174177.jpg

b0096638_15191734.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-10-15 15:18

秋の夕暮れ

 帰宅するため、事務所のドアを開けた瞬間、なんとも言えない夕暮れの空の様子に感嘆!思わずカメラのシャッターをきりました。いよいよ来週から春日野の家の工事着工です。       渡辺 巴
b0096638_1730919.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-10-07 17:31

秋の訪れ

朝晩はめっきり涼しくなった今日この頃、妹と朝から私の実家の栗山に栗拾いに出かけました。兄が昔植えた栗林ですが、今年7月に亡くなるまでは何年も手入れが行き届かず、年々その実が小さくなったように思います。実家の姉と3人で1時間余りでしたが、それでも沢山とれて秋を満喫して帰宅しました。
b0096638_1102254.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-09-30 11:00

昔からのお盆の風景

 今年もお盆を迎える季節になりました。実家の兄が急死してひと月足らず、これから一人暮らしを迎える義姉を気遣いながらのあわただしい日々でした。  渡辺家のお盆は15日を主に、例年通り墓参りを済ませました。広島西部では、昔から安芸門徒といわれる人々の風習で、墓にとおろうを立ててお参りをします。幼い頃の母との思い出の中にも出てくる懐かしい風景です。  渡辺巴       
b0096638_9551971.jpg

b0096638_9554930.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-08-21 09:56

暑い‥チャコもぐったり

b0096638_9451952.jpg

 連日35℃の暑さに、人間だけでなく猫もぐったり。こんなに暑くなる前には、紫蘭の花の中、ひっくり返した植木鉢にすわったり、蝶を追いかけたりして元気でしたが、最近では花がなくなったプランターがベッド代わりで、いつもここでぐーたらしてます。ここに陽があたる時は、すぐそばのツバキの木の下で、寝そべっている事が多く、そこが居心地良いようにきれいになっています。猫は本当にきれい好きですネ。         渡辺巴
b0096638_9454226.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-07-25 09:52

ロゴマーク大活躍!

b0096638_9271689.jpg

 今年初め依頼された福岡ヨーガ同友会のロゴマークが、タオルや講演会のチラシ等いろいろなものに使われ、それがとてもこの会にマッチしているとの喜びの便りと刺繍の入ったバスタオル、フェイスタオルが送られてきました。久し振りに福岡の知り合いの明るい声を聞き、元気をもらいました。   渡辺 巴
[PR]
# by architect-tw | 2013-07-12 09:37

我が家の5月の庭

 相変らずの手のかからないというか手をかけない我が家の庭です。亡くなった母が植えたバラが今年も咲きました。時期が来れば、咲いてくれる花ばかりですが、今年もバラ、アイリス、いちはつ、シラン、シンビジューム、かたばみ、野生のポピー等沢山です。もう少しすると、ユリの時期ですが、昨年は虫にやられて沢山の芽が出て大きくなったのに、花を見ることはできなかった‥。チャコが日向ぼっこをしています。     ー渡辺 巴ー
b0096638_13443799.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-05-02 13:44
 4月半ば大学時代の後輩の女性から電話があり、相談に乗ったのが、始まりでした。昔からの知り合いで、お互い建築を仕事としていることから私も彼女をよく知っていましたが、久々の出会いでした。御主人の定年退職を機に新興団地にある土地に、二人で住む今までとは違った面白い楽しいお家を建てたいとの希望でした。その時、ハウスメーカーではなく「渡辺さん」を思ってもらえたこの喜びは、長年真面目に続けてきたご褒美でしょうか。その土地は広島中心街からはとても近くですが、かなり高さがあり、大きな団地でした。前面は散策できる通路のついた畑と森(急勾配法面)があり、とても開放感のある広い土地です。これから又何ヶ月かの設計活動スタートです。ー渡辺 巴ー003.gif
b0096638_12484560.jpg

b0096638_12491268.jpg
 
[PR]
# by architect-tw | 2013-05-02 12:49
 以前から小瀬川ダム湖の畔にあるパスタのお店(ポット・プーリー)のことは聞いていましたが、行く機会がないままになっていました。この日曜日 朝から雨でしたが、私達ふたりと妹、娘の4人で出かけました。到着したお店の桜は散った後でしたが、店のアプローチには、とても可憐で野バラのような白い小さな花が満開で、店内にも切花にしてありました。店内は素朴な手造り感溢れる空間で、共に羨ましい程すらりと背の高いご夫妻が応対して下さいました。野菜やしいたけ栽培も手づくりで、パスタの中に旬の野菜(クレソン、花わさび、菜の花)や肉厚のしいたけ等が入っていていかにも体に良さそうな一品でした。ここで、要予約と言われた意味がわかったのですが、予約がなければ、畑仕事や陶芸等いくらでも他の仕事があるようで、カフェ経営はその一端であり、街中であくせく仕事をしている私達には、とても考えられないような心の余裕を感じました。それは、若い頃から喫茶店の夢をもっていた妹には、理想的な羨ましい状況だったようです。このお店に不思議な魅力を感じるのは、お料理はもちろんですが、ダム湖畔の風景とお店の雰囲気、オーナー御夫妻の人柄でしょう。コーヒーもとても美味しかった‥。帰りに潮原温泉に寄ってみぞれが降る中、暖まって帰宅しました。花を眺めながら、のんびりとした田舎のドライブでした。 ー巴
b0096638_1728093.jpg
店内からの眺め : 5月の新緑の時期が一番美しいそう。雨でちょっと残念。
b0096638_17282683.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-04-10 17:29

桜 咲いた!!

今年は例年より少し早く、いつものように桜の季節が訪れました。ここ鈴が峰の桜並木も見事です。最近 日頃の運動不足解消のため、所用で団地の真下にある街まで時折歩くようにしていますが、今日は絶好の花見日よりで、桜の木の下でお弁当を広げる人達を沢山見かけました。ここ西区アルパークのデパート街には近くに緑地が多く、デパートで買い物をしてそのまま外でシートを広げる人もいるみたいです。いい季節になりました。  ー渡辺 巴
b0096638_11121537.jpg
鈴が峰の桜並木
b0096638_11131086.jpg

b0096638_11133569.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-04-05 11:14

ロゴマークデザイン

 薬膳茶処「きももき」のロゴ,マークをデザインした後、福岡のヨーガ道友会のロゴマークの依頼をいただきました。このような分野の必要性に応じる事は多いのですが、殆どが建築設計の一分野としての裏方の仕事です。しかし今まで建築から全く離れたデザイン依頼にも応じてきました。今回はヨーガの動的イメージを青の曲線で、夢・希望を赤を使ってアルファベットYiF (Yoga in Fukuoka) をデザイン化しました。文字は出来るだけシンプルに、しかしデザイン全体が引き締まる位置にレイアウトしました。  058.gif 渡辺 巴
b0096638_10364158.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2013-03-06 10:36
あわただしくあっという間に過ぎた1月でした。今朝は雨が降るとの予想だったので、チャコを家の中においてきたのに、温度も高めでおまけに陽も照ってきました。少々寒くても陽射しがあると、外に出たがるのです。朝 私達が出勤する時には寝ている事が多く、寒い時は外に出すのが可哀相な気もするのですが、それが老年期に入った彼女が今も元気で、ストレスのために椅子や家具を傷つけない理由だと信じています。食べ物をもどすのを除けば、おとなしくて本当に性の良い猫です。   ー渡辺巴ー
b0096638_10233879.jpg

テニスボールを枕にしてウトウトと‥。
[PR]
# by architect-tw | 2013-02-01 10:23

A HAPPY NEW YEAR 2013 !

b0096638_163159.jpg

 新しい年の始まり!
年末、正月早々自動車のアクシデント続きで、大変な幕開けでしたが、人身事故にならず幸いだったと前向きに考えることにしました。良い年になりますように!!    渡辺 巴
[PR]
# by architect-tw | 2013-01-16 16:10
 12月中旬、約2ヶ月 かかった木兆木(きももき)リノベーション工事。久し振りの店舗設計でしたが、今回は施工会社とそれに携わる人達に恵まれ、力を発揮することができました。オーナーが抱き続けてきた癒しの空間をどのように表現するかがテーマでした。白い空間だった店内を黒と自然素材の木色を基調とした中に3原色を加え、格子を使った変化に富む癒しの空間が実現しました。今回は当事務所にとって、内装のみならず、家具及び大・小テ-ブル・外に置かれた緑化用の架台、駒寄せ等のオリジナルデザインに加え、ロゴ、文字、キャラクター等のデザインもさせていただきました。又造園家によるグリーンコーディネートもこの癒しの空間に大変重要な役割を果たしています。-渡辺 巴-
before
b0096638_1722218.jpg


after
b0096638_1730018.jpg


エントランス
b0096638_17134485.jpg


文字及び駒寄せ
b0096638_1657485.jpg


マーク&キャラクター
b0096638_12472448.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2012-12-27 17:14

two chair

 長い間欲しくても買えないものが、誰にでもひとつふたつはあるものですが、今回ひょんなことから買ってしまいました。それは、ふたつの椅子です。マッキントッシュのラダーバックチェアと、もうひとつは、リートフェルトのレッドアンドブルーです。実用より観て楽しむ要素が大きいので、事務所と自宅に分けて置くことにしました。長い間この仕事をしてきた証しとなりそうです。 -巴-
b0096638_1056064.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2012-12-06 13:25

2012年晩秋の吉水園

11月の終わり、モリアオガエルで有名な安芸大田町吉水園の最後の紅葉を観に行きました。神社のイチョウは、ほとんど落ちていましたが、坂を上って行き着いた場所では、一箇所だけでしたが、美しい紅葉を観ることができました。忙しさの中で、毎年紅葉の時期を逸してしまう事が多く、妹のお陰で今年もしばし目の保養をすることができました。        -渡辺 巴ー
b0096638_12554330.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2012-12-06 12:56
以前建築相談会を開いた時、なぜもっと早く出会えなかったか?又なぜ出会いの場がなかったか?などの声が多く、反省の思いから今回の展覧会の準備のためにこの数カ月、その準備に追われてきました。印刷では色指定をしても思うような色が出ず、やっと出来上ったものは、図面色は何とか…しかし写真の色コントラストがいささか強すぎるものでした。これに時間を要することは、2年程前の「美奈宜の杜計画」で経験済みで、又一つ強くなったように思います。9月29日~30日は展示の準備日でした。10月1日から1カ月間、来観者からどんな声が聞けるか楽しみです。    ー渡辺巴
b0096638_1353543.jpg

b0096638_13535081.jpg
アトリエの南面アプローチ
b0096638_1356391.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2012-10-02 13:57

久しぶりの訪問によせて

1階の緑の木立が2階の窓からも見えて2階のリビングを落ち着いた雰囲気に…。
b0096638_931112.jpg


9月のある日 2003年に完成した古江新町の家を久しぶりに訪問しました。    
御夫妻が暖かく迎えて下さいました。設計時 2世帯住宅で、内外コンクリートの打放し仕上げが設計条件でした。9年以上経ったこの3階建の建物は、私が思っていたより汚れが少なく、又この家に対する御夫妻の愛着の深さを感じ、何より嬉しく思いました。この建物を大変喜んでおられたお母様(御主人の)は、既に他界されていましたので、最初に仏壇にお参りさせていただきました。この1階のお母様の住居は手入れが行き届き、和室(茶室と兼用)と、中庭の造園の樹木の成長と合せて落ち着いたたたずまいとなっていました。又2階3階の御夫妻の住居も歳月が経っているにもかかわらず、ほとんど当時のままの空間で、内部のコンクリート打放しの仕上げが影響しているのと、御夫妻のセンスの良さが調度品に現れ、とても居心地の良い生活空間となっていて感心させられるばかりでした。又私はここのお宅訪問はいつも楽しみなのです。奥様の手料理でいつも新たな味の工夫されたものを次々と出していただき、お酒とも合ってとてもおいしいのです。御夫妻は仲睦ましいのですが、お酒があまりだめ、私はいける方なので、いつも無理してつき合って下さいます。数年前までは、お母様も御一緒でしたが…。訪問すると時の経つのを忘れ、気がつくと、3~4時間経っているのです。何とも居心地の良い空間でした。御夫妻の歓待とお酒のほろ酔い気分で、久しぶりに楽しい気持を味わわせていただきました。御夫妻に感謝・感謝でした。
[PR]
# by architect-tw | 2012-09-20 10:59

チャコとゴーヤ

昨年同様 今年もゴーヤの苗を3本植えました。今年は窓辺に2.7m×1.8mのネットを張り、緑のカーテンをつくりました。そしてこの頃時々 新鮮な作物を口にできるようになりました。我が家の庭のネット内では、フェンスに上がったチャコが道行く人や、鳥を目で追いながらのんびり過ごしています。         渡辺 巴
b0096638_1424546.jpg
b0096638_14244889.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2012-07-13 14:26

紫陽花満開

国内のあちこちで、豪雨災害のニュースを聞く今日この頃ですが、広島は、昨日・今日と思ってもみなかったほど、良いお天気です。風が気持ち良くて木陰は最高です。団地内の至る所に色々な紫陽花が咲きました。竣工時に植栽の一部として植えられていたものもありますが、そのほとんどは、住人の手によるもので、ほんの近い場所だけでも写真のような種類がみられました。    渡辺 巴
b0096638_1419932.jpg

[PR]
# by architect-tw | 2012-06-22 14:19