建築家渡辺武彦の覚書き


by architect-tw
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新たな創作活動へ!

 場所は岩国市、終戦後間もなく建てられた大きな住宅建築で、当初
リノベーションの予定でしたが、オーナーさんの決断により、急きょ新築に変わりました。この変更によって、数寄屋造りのイメージをいささか変えざるを得なくなりましたが、やっと1案をエスキス模型に表現出来ました。しかしオーナーさんの意に添わなかったようで、まだ設計のほんの入口に到達した段階です。がんばります!!  -巴
b0096638_14201086.jpg

[PR]
by architect-tw | 2016-01-15 14:20

2016年! 初詣

  暖かいお正月、いつもと同じ草津神社へ散歩を兼ねての初詣です。今年は二人だけ。娘は嫁いで愛媛にある彼の実家へ、息子は今年は行かないとのこと。又いつもと違うのは、もうひとつありました。200段ある参道ではなく反対側に駐車場増設のために造られた新しい参道が出来上がったことです。この道から上がりました。いつしか習慣になってこれを済まさないと、正月がきた気分になれない。お参りをすませておみくじを引くと珍しく今年は二人とも大吉!003.gif 良い年でありますように‥。帰り道可愛らしい水仙に目が止まり撮影デス。 巴
b0096638_18453341.jpg

[PR]
by architect-tw | 2016-01-14 17:23
 母屋が完成してから早いもので10年の月日が経ち、オーナーさんの靴特にブーツ収集の趣味により、納まりきれない靴が玄関にあふれ出るようになった。これらの靴と2台のロードバイク等をまとめて展示できるギャラリーを玄関までの長いアプローチ部分に造るアイデアをお話したところ即大賛成していただいた。ロードバイクについては邪魔にならず、しかも取付・取外しが簡単という条件のもと、アイデアを駆使して実現出来た。それに加え今度の玄関ドアは、自動開閉ロック式戸を採用したので、とても便利になった。もとの外壁だったコンクリート打ち放しと玉石洗い出しの床がこのギャラリーにとても合って、良い空間が出来上がった。今日オーナーさんからメールがあり、靴がきれいにかたづき、車から雨に濡れないで家に荷物を運べること、新聞を家の中でとれること等、喜びのメリットを聞かせていただいた。      渡辺 巴    
b0096638_18383997.jpg
 
b0096638_1839162.jpg
 




  
[PR]
by architect-tw | 2016-01-12 18:39