建築家渡辺武彦の覚書き


by architect-tw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

田方の家1/50模型製作

2007年4月24日(火)
2日程前から田方の家の1/50模型に着手。田方の家は、敷地がとても難しくここまでくるのが大変でしたが、設計もほとんど出来上がりました。外壁を貼り付ける前に多目的室や、台所の感じをデジカメで確かめる。こうしてひとつの建物を大切に、完成に向けて進めていく工程を何回繰り返したでしょうか。今朝 出勤前テレビで欠陥住宅の放送をしていました。仕事の元請け、下請けさらには、設計事務所等が、クレームのなすり合いをしていましたが、そこには会社同士の力関係もあるようです。オーナーには迷惑な話ですが、こういう話を聞く度にこのような仕事の依頼しかできなかったのか残念でなりません。そして私達のような設計者と依頼者との良い出会いがあれば‥と痛感します。 ー巴ー
b0096638_13251754.jpg

[PR]
by architect-tw | 2007-04-25 13:25

見学会によせて

2007年4月14日
先日、HPを見て御自宅の設計を依頼して下さったMさん御夫妻そしてお子さんと一緒に広島の4点の住宅を午後1時から5時までの4時間、Mさん御夫妻が現物をぜひ見たいとの御要望にお答えしての見学を致しました。私達は、住宅の設計については、他の建築と違い、建築主との長い対話の中で、カウンセラーとしての役割を果しつつひとつひとつ積み重ねた内容を形にする作業を行い、完成に導く仕事をしてきました。その間のコミュニケーションは、一生ものになっている事に後々気づきます。今回も数十年前の建築から最近のものまで、見学を申し入れますと、快くO.Kしてくださいます。しかしそれぞれのご家庭には色々な事情があり、本当は遠慮願いたいと思われているご家庭もあると思いますが、本当に有難い事に全てO.Kして下さるのです。そして長い間御無沙汰している御家族が、見学者に対する配慮と共に温かく迎えて下さいます。この仕事をしてきて良かったなあと本当に思う瞬間でもあります。長い時間がたっていても、建設当時の頃にタイムスリップしてとてもあつい気持と心になり、一体となるのです。住宅を設計するという事は、そのオーナーとの一生のお付合いの始まりでもある訳です。今回見学させていただきました御家族の皆様に感謝の気持と共にいつまでも長いお付合いを改めまして思い願う瞬間でもありました。皆様本当に有難うございました。b0096638_9484012.jpg                                                                                                                            古江新町の家では、PM5:00頃、ガラスブロックが明るく光っていました。花瓶には、御主人が庄原で買われたという桜の枝がさされていました。
[PR]
by architect-tw | 2007-04-18 18:41

桜・花・はな

2007年4月8日(日)
暖冬と言われながら、3月には寒い日が続いたので、ここ数日の内に各地で、色々な花が、一度にさき始め、春爛漫といったところでしょうか。昨日夕方には、広島のアトリエ建築設計事務所恒例のお花見がありました。久しぶりに知り合いとの楽しいひと時でした。今日は、田舎道をのんびりと満開の桜を眺めるドライブに妹と2人で出かけました。土師ダムの桜は、ことに素晴らしくノロノロと走る車窓から、春を満喫しました。又帰りに立ち寄ったカタクリの可憐な花も満開で、以前見た記憶と比べものにならない程の美しさでした。     ー巴ー
b0096638_15195775.jpg

[PR]
by architect-tw | 2007-04-09 15:20

妹背の滝にて

2007年4月1日
日々の忙しさにこのところ日曜日も家で過ごすことが多かったのですが、久しぶりに先日行った山口県の常盤公園がとても良かったので、桜を観に行く予定にしていました。ところがあいにくの今にも泣き出しそうな雲行。朝からお弁当の準備はできていましたが、急遽近場に変更しました。季節柄 桜の名所は、どこも溢れるような人の波、駐車場もありません。そこで大野の妹背の滝に行くことにしました。ここは、昔小学校の遠足や大学の教員実習で来たこともあります。昨年娘が体を壊し、車椅子を引いて親子3人で大野自然観察の森の帰りにここに立ち寄った時、昔と随分景色が違っているように思いました。その時は、滝の前にある大頭神社の秋祭りで、お店が沢山ならび賑やかでしたが、この日は境内の桜も満開でしたが、ほとんど人影もなくここでゴザを広げるのもためらわれ、滝の前まで行きお弁当を広げました。娘が元気良く水と石の周りを跳びまわるのを眺めながら、昨年より随分元気になってくれたものだと感謝の気持ちでいっぱいになりました。その彼女 帰り際に、 神社の絵馬に何やら願い事を書いたようです。帰宅時には雨が降り始めましたが、人ごみを避けて妹を加えた4人で良いお花見ができました。               - 巴記-
b0096638_11473875.jpg

[PR]
by architect-tw | 2007-04-05 17:16